ビーベット(Beebet)ダイヤの詳細解説!使い方とマルチ ...

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

立命館大学 研究者学術情報データベース English>> TOPページ TOPページ > 豊竹 洋佑 (最終更新日 : 2024-06-15 15:36:43) トヨタケ ヨウスケ 豊竹 洋佑 TOYOTAKE YOSUKE 所属 生命科学部 生物工学科 職名 助教 業績 その他所属 プロフィール 学歴 職歴 委員会・協会等 所属学会 資格・免許 研究テーマ 研究概要 研究概要(関連画像) 現在の専門分野 研究 著書 論文 その他 学会発表 その他研究活動 講師・講演 受賞学術賞 科学研究費助成事業 競争的資金等(科研費を除く) 共同・受託研究実績 取得特許 研究高度化推進制度 教育 授業科目 教育活動 社会活動 社会における活動 研究交流希望テーマ その他 研究者からのメッセージ ホームページ メールアドレス 科研費研究者番号 researchmap研究者コード 外部研究者ID 学歴 1. 2019/03(学位取得) 京都大学 博士(農学) 2. 2016/04~2019/03 京都大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻 博士後期課程 修了 3. 2014/04~2016/03 京都大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻 修士課程 修了 4. 2010/04~2014/03 大阪大学 理学部 生物科学科 卒業 職歴 1. 2024/04 ~ 立命館大学 生命科学部・生物工学科 助教 2. 2023/11 ~ 2024/03 ドレスデン工科大学 分子生物工学センター 客員研究員 (兼任) 3. 2019/04 ~ 2024/03 立命館大学 生命科学部・生物工学科 助教 所属学会 1. 日本生化学会 2. 日本脂質生化学会 3. 日本農芸化学会 4. 日本生物工学会 5. 極限環境生物学会 研究テーマ 1. 微生物のユニークな代謝活動を支える分子基盤の解明とその応用 2. 脂質代謝関連酵素の生理的機能解析 現在の専門分野 応用微生物学, 機能生物化学, 生体関連化学, 食品科学 (キーワード:脂質生化学、微生物学、環境応答、酸化発酵、生体膜、リン脂質、ホパノイド、脂肪酸) 論文 1. 2024/06 Biochemical characterization of L-asparagine synthetase from Streptococcus thermophilus and its application in the enzymatic synthesis of ß-aspartyl compounds │ in press (共著)   2. 2024/06 Preparation and degradability of novel cross-linked functional hydrogels from enzymatic synthesized α-1,3-glucan and its carboxymethyl derivative │ Chemistry Letters │ in press (共著)   3. 2024/05 Preparation and characterization of a novel amphiphilic nanocarrier based on enzymatic polymerization-derived α-1,3-glucan for efficient quercetin encapsulation │ Colloid and Polymer Science │ in press (共著)   4. 2023/08 Synthesis and characterization of a novel self-assembled amphiphilic α-1,3-glucan nanomicelles for drug delivery │ Colloid and Polymer Science │ 301,1337–1350 (共著)   5. 2023/01 Characterization of three γ-glutamyltranspeptidases from Pseudomonas aeruginosa PAO1 │ The Journal of General and Applied Microbiology │ 69 (3),150-158 (共著)   全件表示(16件) 学会発表 1. 2024/05 Acetobacter属酢酸菌におけるリゾリン脂質アシル基転移酵素ホモログの新規生理機能 (第70回日本生化学会近畿支部例会) 2. 2024/05 酢酸菌をモデルとした細胞膜機能解析 (第70回日本生化学会近畿支部例会) 3. 2024/03 Preparation and degradability of novel cross-linked functional hydrogels from enzymatic synthesized α-1,3-glucan and its carboxymethyl derivative (日本農芸化学会2024年度大会) 4. 2024/03 大腸菌のセレンナノ粒子は細胞内で形成され膜に包まれて排出される (日本農芸化学会2024年度大会) 5. 2024/03 大腸菌細胞内で形成されたセレンナノ粒子は細胞膜に包まれて排出される (第7回日本セレン研究会) 全件表示(56件) 受賞学術賞 1. 2022/11 第23回極限環境生物学会年会 ポスター賞 (ホスファチジルコリンが制御する酢酸菌生体膜機能の解析) 2. 2022/07 The 8th International Symposium on Metallomics Impressive Research Award (Biogenic extracellular selenium particles are wrapped within membrane vesicles in Escherichia coli) 3. 2021/10 第32回日本微量元素学会学術集会 優秀演題賞 (大腸菌が生成・排出するセレンナノ粒子の透過型電子顕微鏡解析) 科学研究費助成事業 1. 2023/09 ~ 新規ナノ材料開発の基盤となる外膜小胞生産細菌の探索と応用 │ 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)(B)   2. 2023/04 ~ 酢酸菌をモデルとした生体膜リン脂質が司る生理機能とその機能発現機構の分子基盤解明 │ 若手研究   3. 2021/04 ~ 2024/03 酢酸菌におけるリン脂質アシル鎖の構造依存的な酢酸応答メカニズムの解明 │ 若手研究   競争的資金等(科研費を除く) 1. 2024/04 ~ 2026/03 膜機能に立脚した有用酢酸菌の抗ストレス応答戦略の分子基盤解明 │ 競争的資金等の外部資金による研究 │ 発酵研究所若手研究者助成   2. 2023/04 ~ 2024/02 ホスファチジルコリンによる生体膜機能発現メカニズムの解明 │ 競争的資金等の外部資金による研究 │ 笹川科学研究助成   3. 2023/04 ~ 2024/03 脂質の機能から紐解く有用酢酸菌の抗ストレス応答メカニズム │ 競争的資金等の外部資金による研究 │ 杉山報公会研究助成   共同・受託研究実績 1. 2024/04 ~ 2025/03 酢酸菌における細胞膜機能の逆遺伝学的・生化学的解析 │ 2024年度山口大学中高温微生物研究センター 公募型共同研究 2. 2024/04 ~ 2025/03 酢酸菌における膜脂質依存的な発酵ストレス応答の解析 │ 令和6年度化学研究所 課題提案型 共同利用・共同研究 ホームページ Google Scholar Researchmap ORCiD © Ritsumeikan Univ. All rights reserved.

ラグビーウルグアイ代表 KUHL(クール)総合|エアロパーツ・コンプリートカー ビーベット(Beebet)ダイヤの詳細解説!使い方とマルチ ... ミロシュ・ラオニッチ
Copyright ©ビーベット(Beebet)ダイヤの詳細解説!使い方とマルチ ... The Paper All rights reserved.