賭けるベット

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

学習プラン お気に入り ログイン メニュー 閉じる ログイン デジタルリテラシー講座を探す デジタル実践講座を探す 講座提供事業者から講座を探す お気に入り 学習プラン マナビDXとは マナビDXでの学び方 デジタル人材育成政策のご紹介 講座提供希望の事業者の方へ デジタルリテラシー講座 デジタル実践講座 講座提供希望の事業者の方へ デジタルリテラシー講座 検索結果:52件 絞り込み 絞り込み 条件をクリア デジタルリテラシー講座 Why(DXの背景) 競争環境の変化 講座レベル レベル1(リテラシー) (52) レベル2 レベル3 レベル4 標準学習時間 60分以内 (12) 1〜10時間 (31) 10時間以上 (9) 受講料 有料 (37) 無料 (15) 修了証発行 あり (37) なし (15) 試験・検定・資格 ITパスポート試験(IP) (2) 情報セキュリティマネジメント試験(SG) (0) 基本情報技術者試験(FE) (0) 応用情報技術者試験(AP) (0) ITストラテジスト試験(ST) (0) システムアーキテクト試験(SA) (0) プロジェクトマネージャ試験(PM) (0) ネットワークスペシャリスト試験(NW) (0) データベーススペシャリスト試験(DB) (0) エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES) (0) ITサービスマネージャ試験(SM) (0) システム監査技術者試験(AU) (0) 情報処理安全確保支援士試験(SC) (0) その他 (6) 国の指定・認定 教育訓練給付制度(厚生労働省) (1) 第四次産業革命スキル習得講座(経済産業省) (0) その他 (0) その他 法人請求あり (24) 団体申込あり (27) 条件をクリア 並び替え 人気順 新着順 ビジネスパーソンのためのDX入門 現在、多くの企業が様々な課題を抱えながら DX(Digital Transformation)に取り組んでいます。また、DX に関する誤解が生じていることも事実です。  本コースは、企業規模の大小問わず、全ての企業組織内の経営企画や管理、プロダクトやサービスの開発、マーケティングやセールス、顧客サポートやオペレーション、財務や経理部門などに従事しているビジネスパーソンを対象としたDX(デジタルトランスフォーメーション)の入門編としての位置けです。    現在 DX に従事されている方、これから DX に取り組もうとしている方、DX に深い関心を寄せている方だけでなく、顧客企業の DX をサポートを行っている方もお役に立つ内容となっています。    Practice makes perfect(習うより慣れよ)ということわざがあります。本講座が知識の詰め込みだけでなく、何らかの形で実践に活かすことによって皆様のスキルアップに繋がれば幸いです。 株式会社ネットラーニング 講座レベル1 DXリテラシー標準 ITIL®4ファンデーション コース概要  ITIL4は、いままでのITILの優れた点をすべて取り入れつつ、ITとサービス運用を新たなレベルに拡大する次の取組みです。  アジャイルやDevOpsなどの要素が含まれており、デジタル・トランスフォーメーション(DX)の時代に合った柔軟で実務的な内容となっています。  サービスマネジメントの課題解決やITシステム管理のさらなる高度化、品質向上、コスト効率の改善に向けて、ITIL4の活用は非常に効果的です。    研修カリキュラム   第1章 : サービスマネジメントの主要概念   第2章 : サービスマネジメントの4つの側面   第3章 : 15のITILプラクティスに関する目的と重要用語   第4章 : ITILサービスバリュー・システム(SVS)   第5章 : ITILサービスバリュー・チェーン    第6章 : ITILの従うべき原則   模擬試験    お申込みにあたっての注意事項  ・開催形式は、弊社会場での開催とオンライン開催の2種類がございます。   日程によって異なりますので、お申込みの際にはご注意ください。    ・申し込み1名から開催いたします。   株式会社DXコンサルティング 講座レベル1 DXリテラシー標準 どんな人でも基礎知識が理解できる!アバター付き動画で学ぶ【DX人材育成講座】(DX基礎知識編 + DX行動編) 本講座のゴールは、社内のDX化を積極的に推進できる人材を育成することです。  DX知識の基礎習得はもちろんのこと、社員ひとりひとりがDX推進をしていくためにはどうしたらよいのかまで紐解いていき、自発的に社内課題や解決策を考えるための観点の提供と、実際の職場をイメージしてDX行動プランを描ける行動整理シートがあるため、明日から動ける、実践的なDX人材育成コンテンツとなっています。    本講座では、スキマ時間の動画学習に加え、行動整理シートにより「自社の課題抽出と解決策」を行動整理シートから考え行動に移させることが可能です。    〈本講座概要〉  アバター付き動画PIP-Makerを活用した「DX人材育成講座」は、新人研修はもちろん、ITスキルのない現場社員から実践的なDXを求めている現場責任者までを対象としたオンライン教育プログラムとなります。  DXに対する基礎的知識の習得を行う「①基礎知識編」に加え、実際の行動を促す「②行動編」の2部構成となっており、”現場主導のDX”が実現することを目指します。    〈実際の提供動画サンプル〉  ▼以下のURLより動画のイメージを確認すること 株式会社4COLORS 講座レベル1 DXリテラシー標準 DXアソシエイト検定(※e-leaning付) DXアソシエイト検定は、企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を効果的に推進するために必要な知識とスキルを体系的に学ぶことができるe-leaning学習プログラムです。この講座は、業務に従事する全スタッフがDXに関する共通の理解を持ち、確固たる戦略と手法を用いてDXを推進できるようにすることを目的としています。ここでは、DXを成功に導くための重要な10の要素について、具体的な講座内容と共に紹介します。    講座の主な内容  1.デジタル戦略の策定  企業全体の目標達成に向けたデジタル戦略の立案と、その実行のためのロードマップ策定について学習します。    2.顧客満足度の向上  顧客ニーズの把握とデジタル技術を活用した顧客体験の最適化方法について学習します。    3.データに基づく意思決定  データ分析技術を用いて、より精度高い意思決定を行う方法について学習します。    4.テクノロジーの導入  新しい技術とソリューションの選定及び導入プロセスについて学習します。    5.セキュリティ対策  デジタル化に伴うセキュリティリスクへの対応策と、情報資産を保護するための手法に 一般社団法人中小企業個人情報セキュリティー推進協会 講座レベル1 DXリテラシー標準 データスペース入門(IPA作成) IPAの「データスペース入門」をマナビDXの学習用教材として公開します。この講座を通じて欧州から始まったデータ主権の考え方、データスペースの内容、メリット、デジタル基盤について学ぶことができます。この講座を通じてより多くの方にデジタル化社会、デジタル基盤の重要性について興味を持っていただければ幸いです。    第1部はデータスペースの概要について掲載しています。  第1章 データスペース海外の動向  第2章 データスペースとは何か。そのメリットとは  第3章 データスペースのデータ連携および特徴  第4章 データスペース推進のための組織体制(欧州、日本)  第5章 国内・海外のデータ連携事例・想定ケース    第2部は技術について掲載しています。  第6章 デジタル基盤  第7章 コネクタ    講師はデジタル基盤センター デジタルエンジニアリング部 データスペースグループ所属の研究員が担当します。  ※本講座の受講には、Udemyのアカウント登録が必要になります。 独立行政法人情報処理推進機構 講座レベル1 DXリテラシー標準 DXの基礎知識・活用スキルが身につく「DXリテラシー研修」 <講座の目的>  本研修が定義するDX「デジタルを活用して圧倒的な顧客体験を提供し事業成長を実現する」を達成するために必要なリテラシーを網羅的に学びます。    <プログラムの内容、流れ>  【ステップ1】DXリテラシーに関するテストを受験し、自分の知識レベルを確認  【ステップ2】講義動画を視聴  【ステップ3】ワークシートを記入し、提出  【ステップ4】DXリテラシーに関するテストを再受験し、知識の定着を確認    <講師について>  メイン講師:横堀 将史  2011年学習院大学卒業。新卒から一貫してSales&Marketingの領域に従事。 第一生命、リクルートを経て、スポーツヘルスケアスタートアップ企業のSaaS事業責任者として、事業と組織の立ち上げからグロースを担当。 その後Kaizen PlatformではIPO前後に在籍し、各大手企業中心に約30社のDXのコンサルティングやPJT推進、UX改善を支援。 株式会社AVILEN 講座レベル1 DXリテラシー標準 DXフレンズ(テクノロジー編)~DXを支える重要技術とトレンドテクノロジーを学ぶeラーニング~ ■目的  DXを支える重要技術とトレンドテクノロジーを知り、業務改善やイノベーションを巻き起こすための下地となる知識を醸成する    ■学習項目   第1章:プロローグ(DXフレンズの学習内容、学ぶ意義を確認し、学ぶ意欲を高めます)   第2章:DX実現のカギを握るデジタルBIG5(IoT、5G、AI(前後編)、ビッグデータ、クラウド)   第3章:人と人のつながりを変えるテクノロジー(Web3、XR、NFT、コンタクトレクテクノロジー、メタバース)   第4章:業界・市場を激変させるテクノロジー(次世代自動車、3Dプリンター、クッキー規制、量子コンピューター、ドローン)   第5章:激変する社会を支えるテクノロジー(MaaS、ヘルステック、水素、eスポーツ、代替肉)   第6章:エピローグ(学びを日々のビジネスに活かすためのポイントを確認します)    ■学習スタイル   eラーニング(アニメーション動画/各章アンケート/理解度チェックテスト)    ■特徴  ①動機形成・基本情報理解に有効  デジタル領域学習の第1歩として”今“押さえておきたいテクノロジーキーワードを「広く・浅く」 株式会社NTT HumanEX 講座レベル1 DXリテラシー標準 DXビギンズ!~DXの本質と全体像をリアルにつかむ全社員向けeラーニング~ ■目的  「DXと向き合うことで自分のビジネスがどう変わるのか?」を様々な業界で起きている具体的な事例を通じて「DXの自分事化」を促し、動機形成を図ります    ■学習項目   第1章:そもそも、なぜDXが注目されるのか?   第2章:国内外におけるDXの事例 (あの企業は、業界の何を変えた!?)   第3章:DXは社会をどう変えたのか? (移りゆく価値観と消費スタイル)   第4章:DXの本質を掴む3つのポイント (価値観が多様化する時代の戦い方)   第5章:上手くいくDX⇔つまづくDX 成否を分けるものとは?(正しく向き合うことが実現への近道に)   第6章:3つのステップで実現するDX (DXの実現に向けたストーリーとは?)   第7章:DXの実現に向けて① (組織として取り組むべきこと)   第8章:DXの実現に向けて② (個人として取り組むべきこと)    ■学習スタイル   eラーニング(アニメーション動画/各章アンケート)    ■特徴  ①DX人材育成の第一歩。「動機形成(意識付)」に有効  「知識付け」から入ることで上手く進まないケースがあります。全社で推進する第1 株式会社NTT HumanEX 講座レベル1 DXリテラシー標準 DX Study(TM) eラーニング<DX検定(TM) 準拠教材> 先端の必須IT技術用語/ビジネストレンド知識を短時間で習得できる「eラーニング」教材。 修了証出力可。新入社員研修・営業人財研修にも最適    IT技術トレンド(IT技術知識)編とビジネストレンド(ビジネス知識)編の 両分野から厳選した必須用語の理解度を向上させるための初めての、ドリル型「eラーニング」教材です。(下記の知識項目をご参照ください) 用途としては、企業の新入社員教育、社員のIT・ビジネスリテラシ教育などに最適な用語学習から、提案SE、エンジニアなど実業務でIT技術を活用している人財、IT関連サービスの営業人財などにも必要な先端技術項目全体の速習・強化ツールとしてもご活用頂けます。 株式会社ネクストエデュケーションシンク 講座レベル1 DXリテラシー標準 DXリテラシー標準講座 経産省・IPA策定の「デジタルスキル標準」における全ビジネスパーソン対象の「DXリテラシー標準」に準拠したコースです。  本講座は、法人契約のみを対象としております。    <講座概要>  本講座は、DXコンサルタントである株式会社QualityCubeが提供する、DXに関するリテラシーを身につけたい方向けの講座です。  AI、クラウド、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなどの基礎知識やデータ・デジタル技術の活用事例、業務で使用するツール、DXに関わるセキュリティやモラル、コンプライアンスについても学びます。    <学習目標>  DXリテラシー標準の意義を理解すること  7つのマインド・スタンスを理解すること  社会の変化を理解すること  データの種類、取り扱い方、可視化を理解すること  データベース技術を理解すること  データにより判断する手法を理解すること  DXの基礎知識となるAI、クラウド、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークを理解すること  データ・デジタル技術の活用事例を理解すること  日常の業務で使用するツールを理解すること  DXを取り巻くセキュリティ、モラ 株式会社Quality Cube 講座レベル1 DXリテラシー標準 DXファーストステップ ~踏み出すための変革のポイントとテクノロジー概要~ 経営層や上司などから「わが社もそろそろDXに本腰を入れなくては」「DX推進担当になってほしい」と言われ、どこから手を付けたらよいのだろう?と戸惑っている方に向けた、DXの基礎的な知識と考え方を学ぶeラーニングです。    [学習目標]  ● DXとは何か、なぜ必要なのかを説明できる  ● DXにどのような技術を活用できるのか概要を説明できる    [学習開始までの流れ]  学習は弊社が提供するWeb上のプラットフォームで行います。インターネットに接続できる環境をご用意ください。  お申込み・お支払い完了後、ログイン情報をお送りします。ログイン後は、画面の案内に従って学習を開始してください。  アクセス可能な期間は、コンテンツによって異なります。詳細は各教材の紹介ページをご覧ください。 トレノケート株式会社 講座レベル1 DXリテラシー標準 ChatGPT法人向け研修【ChatGPTナビ】 「ChatGPTナビ」は、初めてChatGPT(AI)を学ぶデジタル初心者の方を対象に、アカウントの作成からChatGPTの業務活用までを支援する法人向け研修サービスです。    ■サービス特徴  ・インターネット接続環境とPCがあれば実施可能  ・経験豊富なAI人材教育の専門家による実践的な講義  ・受講スタイルはe-learning形式または講義形式のどちらでも選択可能  ・各コース1時間~と短時間の集中講義なので、通常業務との両立が可能    ■研修内容  ※ご希望のコースを選択可能  ※学習できるスキル標準の項目は、コースの選択状況によって変わります。  <1-入門編>まずは自身でchatGPTを使えるようにしましょう  <2-実践編>仕事に利用するアイデアを出しましょう。  <3-理解編>ChatGPTの中身について概要を理解しましょう。  <4-セキュリティ対策編>AIと情報漏洩の可能性、取るべき対策について理解しましょう。  <5-倫理編>AIと倫理について、その論点を理解しましょう。  <6-応用編>新サービスの頻出に対して、確認すべきことを理解しましょう。 株式会社D4cアカデミー 講座レベル1 DXリテラシー標準 DXリテラシー標準_準拠コース 経産省・IPA策定の「デジタルスキル標準」における全ビジネスパーソン対象の「DXリテラシー標準」に準拠したコースです。    DXの背景や活用されるデータ・技術、それらの活用事例や必要とされるマインド・スタンスなど、ビジネスパーソンがまず身につけるべきDXリテラシーを習得するほか、データリテラシー計測テストの結果に応じて推薦される弱点克服講座を通して、Excel等を使ったデータ処理・読解の実践力を身につけます。    <こんな方に最適!>  ■Excelが苦手で関数も不慣れだが、これからデータ活用にチャレンジしてみたい方  ■Excelを活用して、データの前処理や基礎分析を自分でできるようになりたい方  ■データを活用したレポートやプレゼン資料が作れるようになりたい方  ■全社的にDXを推進している/今後推進していく企業にお勤めの方    <受講完了後は...?>  ■データの前処理や基礎分析を自分自身で実行するスキルが身につきます!!  ■レポートやプレゼン資料におけるグラフの見せ方・解釈方法のポイントが掴めます!   ■DX推進人材として活躍できる可能性が大きく広がります!  ■業 株式会社SIGNATE 講座レベル1 DXリテラシー標準 【e講義動画】DXリテラシー入門~DX時代に求められるリスキリング~ 企業や官公庁などの組織がDXに取り組むにあたり、各個人や組織に求められるリスキリングや「DXリテラシー」の内容とその必要性について学びます。近年、社会のDXに対する意識が高まる一方で、DXへの取り組みがうまくいかなかったり、組織内でも一部の部署だけが取り組んでいて危機感の共有や意識改革の推進には至っていないというケースが散見されます。本コースでは経済産業省から発信される情報をベースに、各組織・個人に求められる「DXリテラシー」について、土台となる基礎知識や必要性をリスキリングの成功事例を交えながら学習します。 株式会社富士通ラーニングメディア 講座レベル1 DXリテラシー標準 【e講義動画】事例から読み解くデジタルビジネス 事業創出やDX推進にあたり、デジタルビジネスに対する理解を深めることが求められています。本コースでは、DXやX-Techなどのビジネストレンド、AI/IoTといったデジタルテクノロジーについて概要を伝えるとともに、ビジネスモデルキャンバス等のビジネスフレームワークを用いて、デジタルビジネスやDXの事例について解説します。キーワードや事例に触れることによって、デジタルビジネスに対する知見を広げていただきます。 株式会社富士通ラーニングメディア 講座レベル1 DXリテラシー標準 KENスクール 一歩踏み出す DX概論講座 【KENスクール】は株式会社シンクスバンクが運営しているスクールです。  DXとは何か?DXは社会やビジネスにどのように関わるのか?を学ぶことができます。  この講座から、「DX」はじめの一歩を踏み出しましょう。  本講座では、DXの基本から学び、DXを推進するために必要となる技術や開発手法を知ることができます。  「社内のDX推進を任されたが、何から取り組めば良いかわからない。」「これからDXをはじめたい。」という方におすすめの講座です。成功事例を交えて、今後のIT業界での展望や身につけておくべきスキルなど、DXの社会やビジネスへの関わりも学習します。  ※本講座はE-ラーニングです。    株式会社シンクスバンクが運営するスクール【KENスクール】ホームページへ遷移後、  【マナビDX】受講相談申込(通学)から、相談予約をしてください。※予約制  予約確定日は、追って[email protected]からメールにてお知らせいたします。  【[email protected]】からの受信できるよう設定をお願いいたします。 株式会社シンクスバンク 講座レベル1 DXリテラシー標準 DXリテラシー標準_入門コース 経産省・IPA策定の「デジタルスキル標準」における全ビジネスパーソン対象の「DXリテラシー標準」に準拠したコースです。    たった4講座・4時間の動画&クイズで、DXの背景や活用されるデータ・技術、それらの活用事例や必要とされるマインド・スタンスなど、ビジネスパーソンがまず身につけるべきDXリテラシーを学習することができます。    <こんな方に最適!>  ■DXやデジタル技術に関する基礎知識を身につけたい方  ■忙しい業務の合間をぬって学習したい方  ■動画やクイズを通して楽しみながら学びたい方  ■全社的にDXを推進している/今後推進していく企業にお勤めの方    <受講完了後は...?>  ■DXの概念やその必要性への理解が深まります!  ■DXを推進するために必要なデータ・技術の扱い方に関する基礎知識が身につきます!  ■DX推進人材としてさらに高度な知識・スキルを学ぶためのキッカケになります!  ■経営層やマネジメント層だけでなく、全社的なDXリテラシーの向上につながります!    <学習の流れ>  STEP1:DX入門 Why編(DXの背景)  STEP2:DX入門 Wh 株式会社SIGNATE 講座レベル1 DXリテラシー標準 デザイン思考検定(DXリテラシー)※テキスト付 【デザイン思考検定について】  デザイン思考検定は「DXリテラシー」「デザイン思考」「ブランディング」の3つの科目で構成されています。「DXリテラシー科目」については、DXを推進するうえで必要なマインド・スタンス、デジタル化の背景、DXとは何か、デジタルの活用方法が学べます。DXについて勉強したいがどこから学んだらよいか迷っている方にぴったりです。    【デザイン思考検定の目的】  ・環境への変化  ・競争上の優位性の確立  ・新たな顧客価値の創造    【デザイン思考検定の学習効果】  ・社内のDXを推進していくための基礎知識が得られます。  ・デザイン思考を身に付けることで、さまざまな課題解決のヒントが得られます。  ・ビジネスモデルや商品・サービスのデジタル化を図るためのポイントが学べます。  ・組織内に向けたブランディングを学び、人材の育成や組織の活性化が図れます。  ・顧客に向けたブランディングを学び、企業や商品・サービスのファンを増やします。    【学習項目】  (DXリテラシー科目)  DXとは  デジタル化の背景  ネットワーク  データの活用  AIとディープラー 一般社団法人ブランディングデザイン協会 講座レベル1 DXリテラシー標準 【eラーニング】DXリテラシー DXへのはじめの一歩 コンテンツパック 社会環境やビジネス環境の変化が速い状況下で、企業・組織としてDXへの取り組みが進んできています。また、個人としては、今までITに関わりがなかった方にとってもDXに取り組むことや取り組みを自分事として理解する必要性があります。DXの背景を理解し最新技術や最新動向をキャッチアップする上でのはじめの一歩として、DXリテラシー標準に対応した学習コンテンツです。5コンテンツをパックでご受講いただくサービスです。 株式会社富士通ラーニングメディア 講座レベル1 DXリテラシー標準 ITパスポート試験 合格総合対策コース 本講座はITパスポートに最短で合格する為に設計されたオンライン講座です。    ■□コースの特長■□  1.オンラインで完結  オンライン完結講座なので、スキマ時間に学習をすすめることができます。また、実際の試験を想定した模擬試験も何度でも受けることができ、CBT対策(PCでの試験)としてもご活用いただけます。    2.チュータによる個別指導  本講座は受講期間中何度でも、ITパスポートのプロ(チュータ)に質問をすることができます。  ITパスポートで躓くことが多い、テクノロジ系の問題なども丁寧に解説します。  はじめからおわりまで同じチュータが指導するため、個人の成績や伸び具合に応じた的確なアドバイスを行います。     3.テキスト形式+22本の動画で効率よく学習  豊富な動画でわかりやすく解説!本講座は、テキストに加えて分かりやすい図やグラフ、また、22本の動画コンテンツが収録されています。学ぶ内容によって最適なコンテンツで学習をいただけます。    ■□コースの概要■□  「ITパスポート試験 合格総合対策コース」は、実力養成レッスン+演習テストの合計2コースで成り立っていま 株式会社ネットラーニング 講座レベル1 DXリテラシー標準 1 2 3 ホーム デジタルリテラシー講座 マナビDXとは マナビDXでの学び方 デジタル人材育成政策のご紹介 講座提供希望の事業者の方へ 講座提供事業者一覧 利用規約 プライバシーポリシー よくあるご質問 お問い合わせ ©2022 Information-technology Promotion Agency, Japan(IPA) 法人番号 5010005007126 マナビDX事務局 独立行政法人情報処理推進機構(IPA) デジタル人材センター 人材プラットフォーム部 〒113-6591 東京都文京区本駒込二丁目28番8号 文京グリーンコートセンターオフィス 利用者の皆様へ お問い合わせにつきましては「マナビDX問い合わせフォーム」からお願い申し上げます。 ページトップ

10ベットカジノ 188bet사이트 【2024最新版ステークカジノ日本語版公式】 Stake.com ... 188BET|188ベット - オンラインカジノ
Copyright ©賭けるベット The Paper All rights reserved.